デジタル一眼レフ 奮闘記

デジイチのチョットしたテクニックや道具類の豆知識と、私が撮った写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RAW撮影とRAW現像

 以前紹介したレインボーブリッジの写真ですが、当日の撮影は「JPEG」「RAW(ロウ)」の同時記録で撮りました。以前までのアップは「JPEG」で公開しましたが、今回は「RAW」について紹介したいと思います。
 私は以前から撮影記録は「JPEG」の高画質モードで画像の大きさをL(3872×2592ピクセル)で撮っていました。(単純にJPEGの一番高画質&一番でかいファイル)しかし今回はデスクトップのパソコンを手に入れたので「RAW」での撮影&現像に挑戦してみました。ちなみに「RAW」とは素材という意味だそうです。
 普段のJPEGでの撮影の場合は被写体を撮った際にカメラの撮像素子に光を受けた情報を処理した上で、ホワイトバランス等の設定を元にしてカメラ内の映像処理エンジンで処理して画像ファイルを作ります。
 しかしRAWの場合は被写体を撮った際にカメラの撮像素子に光を受けた情報を処理せず、そのままファイルにする形式となります。じゃあ、撮像素子に光を受けた情報の処理やホワイトバランス等はどうするかというと、パソコンでRAW現像という処理を行います。RAWでの画像処理の利点は、撮ったRAW撮影でのファイルを元にホワイトバランスやピクチャーコントロール、露出補正をパソコン上で画像劣化なく調整、処理し、JPEG等の通常のファイルに変換できるところです。特にRAW現像の場合には露出補正は0.1単位での補正が出来るので驚きです。
 しかし、この魔法のようなRAW現像でもピンボケ、白トビ、黒ツブレ、手ブレや被写体ブレは直せないので注意が必要です。また、根本的にファイルが大きいので撮影枚数がJPEGより少なくなったり、連写枚数が少なくなったりとデメリットもあります。

RAW撮影の場合はISO感度や絞り、シャッタースピードなどの設定はいつもと同じようにします。ブレや露出オーバー(被写体が明るくなりすぎる)や露出アンダー(被写体が暗くなりすぎる)に注意するのはいつもと変わりません。
DSC_0098.jpg
↑これはJPEGでのホワイトバランス:オート、露出補正±0の状態です。カメラ任せの場合ですね。

DSC_0098_01.jpg
↑ホワイトバランス:オート 露出補正±0 ピクチャーコントロール:ニュートラル
後方のビルの周りの光のモヤが締まった感じです。逆に橋の側面の緑の照明が当たってる部分が緩んでしまいました。

DSC_0098_02.jpg
↑ホワイトバランス:オート 露出補正±0 ピクチャーコントロール:スタンダード
無難な仕上がりです。

DSC_0098_03.jpg
↑ホワイトバランス:オート 露出補正±0 ピクチャーコントロール:ビビット
あまり違いがない…輪郭が少し強まったかな?

DSC_0098_04.jpg
↑ホワイトバランス:オート 露出補正±0 ピクチャーコントロール:ユーザー(輪郭&コントラストMAX)
橋の側面の部分がハッキリしすぎて硬いイメージになってしまいました。

 私の使っているD80についていた現像ソフトは露出補正とホワイトバランスとピクチャーコントロールくらいしか調整できません。しかし高いソフトになればノイズリダクションがついていたり、暗部と明部を部分調整できたりと色々な機能がついてくるようです。
 正直、私はRAWについては試しもせず、触りもせずの食わず嫌いでした。しかし実際にRAWで撮って現像をしてみると使い勝手が良い印象がありました。ただし編集に時間がかかるので頻繁に使う物ではなさそうですが、大事な写真を撮るときは十分使う価値があると思います。
 RAW撮影&現像で「ホワイトバランスを○○にしておけばよかった」とか「露出補正間違った」というのもなくなるかも!?

スポンサーサイト
  1. 2010/09/18(土) 17:00:00|
  2. テクニック編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<銀座 | ホーム | 懐かしい風景>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phenixtr.blog112.fc2.com/tb.php/40-51a608ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

phenix

Author:phenix
<撮影ジャンル>
子供、鉄道、風景、花


<使用愛機>
PENTAX K-5




<所持機器>
PENTAX

smc DA 17-70mmF4 AL[IF] SDM


SIGMA

APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM



SIGMA

10-20mm F3.5 EX DC HSM



SIGMA

APO 170-500mm F5-6.3 ASPHERICAL RF



オリンパスFE-4050(コンデジ)


三脚(NIKON フィールドスコープ用)


三脚(SLIK カーボン 814 EX)

雲台(Velbon PHD-61Q)  

最新記事

カテゴリ

風景 (111)
子供 (32)
花 (11)
乗り物 (18)
手記編 (6)
その他 (14)
テクニック編 (21)
ツール編 (21)
お知らせ (7)
未分類 (0)
D300s (3)
お道具箱 (1)
動物 (0)
鳥 (16)
水辺の鳥 (5)
野山の鳥 (1)
鳥アルバム (1)
天体 (4)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。