デジタル一眼レフ 奮闘記

デジイチのチョットしたテクニックや道具類の豆知識と、私が撮った写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

流し撮りに挑戦!

 これから秋の運動会の季節ですよね。私のも二人の子供がおり、今度の10月には運動会があります。カメラがあったら一度はやってみたいこと、それは流し撮りです。
 ちなみに去年の運動会のときにカッコつけて流し撮りにチャレンジしたのですが、自分の子供が徒競走のときに流し撮りをして失敗し、顔がモロにブレてしまいました。その後、お友達の子供を流し撮りしたら大成功!なんで?
 というわけで流し撮りの本などを読み漁り(毎度のことながら立ち読み)実際にプロは何をしてるのか調べてみました。
 
最初にカメラの設定ですが、今回は晴れた日に外で運動会をすると想定した場合です。
<基本設定>
撮影モード:S(シャッター優先1/30秒~1/60秒)※条件によって変わります。
ホワイトバランス:オート
測光モード:マルチパターン測光※逆光などではスポット測光が効果的な場合もあります。
ISO感度:オート※オートにしておけば明るい場合にISO感度を落としてシャッタースピードを落としてくれるので。
AFモード:AF-C(コンティニュアスAFサーボ)
AFエリアモード:ダイナミックエリアAFモード
AFモードについて…オートフォーカスのピントの合わせ方を選ぶ設定です。ニコンの場合、AF-Cに設定すると、被写体にフォーカスエリアを合わせてシャッターボタンを半押しにしている間、カメラは被写体の動きにあわせてピントを合わせ続けてくれます。ただし、ピントが合ってない状態でもシャッターを全押しするとシャッターが切れたり、フォーカスエリアが合った時にピピッと音がしません。他メーカーでも大体こんなニュアンスで説明書に書いてあると思いますが、動いている被写体に適している的なことが書いてあればOKです。
 AFエリアモードについて…ピントを合わせるフォーカスエリアを、カメラがどのように選択するかの設定のことです。説明書にはダイナミックエリアAFモードにすると、カメラが選んだフォーカスエリアから被写体が一時的に外れてしまっても他のフォーカスエリアを使ってピントを合わせてくれるので、不規則な動きをする被写体に適していると書かれています。よく、11点オートフォーカスとか言いますよね?この11点のフォーカスエリアをフルに使って常にピントを合わせてくれるようにする設定のことです。


 さて、プロの方達は実際に流し撮りの撮影はどうしているかというと…ひたすら練習らしいです。流し撮りの感覚を体に染み込ませるとのこと…参考にならない(?)
 しかし、そんなことを言いながらも基本があるようで…
○楽な姿勢でシャッター場面を待つのではなく、体をひねった状態で被写体を待ち、シャッターを切る瞬間に被写体と正面向かうように構える。
○200㎜以上望遠レンズの手持ち撮影の場合はレンズの先端に手を添える。
○連写をする
 あとは個人的なコツとして広角レンズで撮るより、70mm~135mmくらいが流し撮りしやすいような気がします。また、シャッターを切り終えた後もファインダー内で被写体を最後まで追いかけると上手くいくような気がします。人物であれば顔にピントを持っていければ間違いないかなぁ…

 面白いもので、被写体と背景の距離、シャッタースピードのバランスで写真の印象も色々変わってきます。簡単に流し撮りが撮れるシャッタースピードは1/50秒くらいです(このシャッタースピードだと少し背景が流れるくらいです)。コレをベースに被写体と背景の距離、シャッタースピードを調整します。
DSC_0442x.jpg
撮影モード:シャッター優先 レンズ:18㎜F1.8 焦点距離:35㎜ シャッタースピード:1/50秒
シャッタースピード1/50秒だと背景の流れ具合がイマイチです…

DSC_0255x.jpg
撮影モード:シャッター優先 18-135㎜F3.5-5.6 焦点距離:80㎜ シャッタースピード:1/25秒
被写体と背景世距離が近いのでシャッタースピード1/25秒でもあまり流れません…

DSC_0314x.jpg
撮影モード:シャッター優先 18-135㎜F3.5-5.6 焦点距離:24㎜ シャッタースピード:1/30秒
被写体と背景世距離が遠いのでシャッタースピード1/30秒でものすごい速度感です。
ってゆっか見てるだけで酔います。

DSC_0403x.jpg
撮影モード:シャッター優先 18-135㎜F3.5-5.6 焦点距離:135㎜ シャッタースピード:1/30秒
被写体と背景の距離とシャッタースピードがちょうどいい具合になりました。

 運動会の場合には、他の学年などが走る場合にはそこで試し撮りをしてシャッタースピードを調整しておくと本番が楽になります。また、運動会の場合には走る所やラインが決まっているので前走者などで練習ができるので、さほどプレッシャーがかからないと思います。(最初の競技で第一走者だとツライです)万が一、縦ブレが心配であれば三脚を使っても良いかと思います。
 とりあえず本番前に子供を公園で走らせて撮ってみたり、電車や街行く車で練習しましょう。実際のところプロカメラマンでも流し撮りを撮っては削除の繰り返しだそうです。この現実を励みに(?)流し撮りにぜひチャレンジを!

 
スポンサーサイト
  1. 2010/09/10(金) 00:08:07|
  2. テクニック編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<氷川神社の例大祭 | ホーム | 疎遠の親友>>

コメント

おはようございます。
流し撮り、すごい勉強になります!
私の方は11月の運動会なので時間の許す限り
練習の日々になりそうです。
実は去年カメラ雑誌に書いて有るように
うる覚えですが1/125が良く流れますョ
みたいな書き方をされていてシャッタースピード固定で
挑戦しましたが・・・
全然だめでした。それに子供の後ろの観客席にピント固定になっちゃいまして(>_<)
ぶっつけ本番駄目ですねー
長文すみません
またお伺いします。
  1. 2010/09/12(日) 08:11:16 |
  2. URL |
  3. ダーダー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phenixtr.blog112.fc2.com/tb.php/32-d4afdbe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

phenix

Author:phenix
<撮影ジャンル>
子供、鉄道、風景、花


<使用愛機>
PENTAX K-5




<所持機器>
PENTAX

smc DA 17-70mmF4 AL[IF] SDM


SIGMA

APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM



SIGMA

10-20mm F3.5 EX DC HSM



SIGMA

APO 170-500mm F5-6.3 ASPHERICAL RF



オリンパスFE-4050(コンデジ)


三脚(NIKON フィールドスコープ用)


三脚(SLIK カーボン 814 EX)

雲台(Velbon PHD-61Q)  

最新記事

カテゴリ

風景 (111)
子供 (32)
花 (11)
乗り物 (18)
手記編 (6)
その他 (14)
テクニック編 (21)
ツール編 (21)
お知らせ (7)
未分類 (0)
D300s (3)
お道具箱 (1)
動物 (0)
鳥 (16)
水辺の鳥 (5)
野山の鳥 (1)
鳥アルバム (1)
天体 (4)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。