デジタル一眼レフ 奮闘記

デジイチのチョットしたテクニックや道具類の豆知識と、私が撮った写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

念願の遠征! その3

 今回は「念願の遠征! その1」でご紹介したM41を撮った写真をピックアップします。

 M41はこいぬ座にあるシリウスという名前の恒星のすぐ下にある散開星団と呼ばれる星の集まりの事です。
 散開星団みたいな星の集まりや銀河など、特殊な波長の光を発していない天体はノーマルカメラでも十分に撮影できるのが特徴です。また、デジタルカメラは人間の眼よりも光を取り込む能力がケタ外れに良いので、目に見えない星の集合体も十分写せます!

IMGP2944 M41 im
まるで囲った星の塊りがM41です。そして右上の明るい星はシリウスです。

IMGP2944 M41
↑SIGMA 70-200mmF2.8 バルブ撮影(絞り:F4 シャッタースピード:20秒) ISO:6400 WB:太陽光 
焦点距離200mm RAW撮影 三脚 O-GPS1使用 撮影後に露出調整と彩度調整

本当はピントをもっとシビアに併せたほうがよかった…。

 ノーマルカメラでISO6400、絞りF4で露光時間20秒でもこれだけ写るので、GPS1や赤道儀がなくても十分楽しめると思います。
 せっかくなので、もう一つオススメの散開星団を…


IMGP2959 M44 im
M44(通称:プレセペ星団)という散開星団で、200個ほどの星が集まっている
といわれています。大きさは満月の約2倍くらいの大きさです。

IMGP2959 M44
↑SIGMA 70-200mmF2.8 バルブ撮影(絞り:F2.8 シャッタースピード:30秒) ISO:6400 WB:太陽光

index001.jpg
国立天文台のHPより。M41とM44に白く丸をしてみました。


 この散開星団は光害地でも比較的簡単に撮れるので、興味がありましたらお試しください。




スポンサーサイト
  1. 2012/03/28(水) 15:08:25|
  2. 天体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラッキーデー! その1 | ホーム | 念願の遠征! その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phenixtr.blog112.fc2.com/tb.php/284-1884d2fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

phenix

Author:phenix
<撮影ジャンル>
子供、鉄道、風景、花


<使用愛機>
PENTAX K-5




<所持機器>
PENTAX

smc DA 17-70mmF4 AL[IF] SDM


SIGMA

APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM



SIGMA

10-20mm F3.5 EX DC HSM



SIGMA

APO 170-500mm F5-6.3 ASPHERICAL RF



オリンパスFE-4050(コンデジ)


三脚(NIKON フィールドスコープ用)


三脚(SLIK カーボン 814 EX)

雲台(Velbon PHD-61Q)  

最新記事

カテゴリ

風景 (111)
子供 (32)
花 (11)
乗り物 (18)
手記編 (6)
その他 (14)
テクニック編 (21)
ツール編 (21)
お知らせ (7)
未分類 (0)
D300s (3)
お道具箱 (1)
動物 (0)
鳥 (16)
水辺の鳥 (5)
野山の鳥 (1)
鳥アルバム (1)
天体 (4)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。