デジタル一眼レフ 奮闘記

デジイチのチョットしたテクニックや道具類の豆知識と、私が撮った写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チョットした工夫

 最近は「シグマ砲+三脚」で鳥ばかり追いかけている私ですが悩みがひとつ…
シグマ砲の「解放F値と描写の関係」の問題です。SIGMA170-500mmF5-6.3は安価で焦点距離を稼げる「懐に優しいレンズ」なのですが、鳥の撮影でよく使う焦点距離400mm~500mmの解放F値がF6.3とチョット暗めのレンズなのです。んでもって開放F値6.3で鳥を撮ると羽の色が滲んだりするので描写を確保するのに最低でも絞りをF8以上で使うのですが…そうするとシャッタースピードが稼げない(ToT)
 鳥を撮るときにはシャッタースピード1/100秒は欲しいところなのです。待ち伏せポイントは日陰なので、カメラ設定をISO1000 F8にするとシャッタースピードが1/30秒~1/60秒になってしまうので被写体ブレを起こす可能性が大きいのです。ISO感度を1600まで上げれば1/100秒以上でシャッターを切れるようになるのですがノイズで羽の模様が潰れてしまう…絞りを開ければ(F値を小さくする)色が滲む…
 苦肉の策が「RAW撮影+露出アンダー作戦」です。
①撮影前に画像記録をRAWに設定
②ISO1000+絞りF8にして描写保持
③露出補正-0.7にしてシャッタースピードを稼ぐ
仕上げに撮ったRAWデーターを自宅のパソコンで露出補正+0.7にするだけで、描写を保持した上シャッター速度を稼げるようになります。といってもシャッタースピード1/60秒が、シャッタースピードがほんのチョット早くなって1/100秒に変わるだけなのですが…。しかもRAWの処理が面倒くさい…「アチラ立てばコチラ立たず」で悩みは尽きません(笑)



IMGP2402.jpg
↑SIGMA 170-500mmF5-6.3 絞り優先 F:8 ISO:1000 露出補正:+0.7 WB:太陽光 
RAW撮影(撮影後に露出補正+0.7に変更) 焦点距離:500mm

今日もルリビタキです。春になる前にたくさん撮っておこうっと…。

IMGP2417.jpg
↑SIGMA 170-500mmF5-6.3 絞り優先 F:8 ISO:1000 露出補正:+0.7 WB:太陽光 
RAW撮影(調整無し) 焦点距離:450mm

ヒヨドリが水浴び…と思いきや次の瞬間、散歩の人が歩いてきて逃げちゃいました。

IMGP2420.jpg
↑SIGMA 170-500mmF5-6.3 絞り優先 F:8 ISO:1000 露出補正:+0.7 WB:太陽光 
RAW撮影(撮影後に露出補正+0.7に変更) 焦点距離:500mm

最近のお気に入りがこのメジロ君です。
このコは水辺でフリーズすることが多いからシャッター遅くても楽に撮れます(笑)

 RAWで撮ると後処理が大変ですけど、アンダー気味やオーバー気味に写っちゃった鳥を補正できるから「保険」みたいには活用できますが、撮るウデは落ちそうです(笑)

 ところで、いつも行くスポットでよく見かける方々は…CANON70-200mmF2.8L ISに2倍のテレコン(140-400mmF5.6)、NIKON300mmF4に1.4倍のテレコン(420mmF5.6)みたいに、400mm前後でF5.6のレンズを使ってる方が多いようです。しかも良いレンズを使っているのでF値解放から使えるのが羨ましい…。






スポンサーサイト
  1. 2012/01/21(土) 20:28:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<1絞り、2絞りって? | ホーム | 大当たり その2>>

コメント

満足のいく絵が仕上がるまでは悩みがつきないですよね。
私は画質を求めてフルサイズに移行しましたが、望遠がかなりきびしくなりました・・・
三脚立てて、ライブビューでピントをシビアに設定したら・・・逃げたとか (^_^;A
それにしても毎回綺麗に撮れてますね。すごい!
  1. 2012/01/21(土) 22:08:14 |
  2. URL |
  3. リオ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

リオさんこんばんは!

画造り…答えが無いものです。イメージの表現と自己満足を満たすモノが撮れた時は「写真をやってて良かった」と思えるんですが、空振りすると疲れます(汗)

私もフルサイズを検討した時もありましたが撮影ジャンルから望遠レンズの使用頻度が高いのでAPS-Cが最善だと思い、今はフルサイズを考えてはいませんが「超高嶺の花」APS-HのCANON 1DⅣが気になって仕方ありません(汗)

一見、鳥を上手く撮れていますが…けっこう無駄撃ちがあるので「下手な鉄砲…」状態ですね(笑)
早く飛んでいる鳥を一発で仕留められるようになりたいものです…。
  1. 2012/01/22(日) 00:01:56 |
  2. URL |
  3. phenix #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phenixtr.blog112.fc2.com/tb.php/275-d613f4f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

phenix

Author:phenix
<撮影ジャンル>
子供、鉄道、風景、花


<使用愛機>
PENTAX K-5




<所持機器>
PENTAX

smc DA 17-70mmF4 AL[IF] SDM


SIGMA

APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM



SIGMA

10-20mm F3.5 EX DC HSM



SIGMA

APO 170-500mm F5-6.3 ASPHERICAL RF



オリンパスFE-4050(コンデジ)


三脚(NIKON フィールドスコープ用)


三脚(SLIK カーボン 814 EX)

雲台(Velbon PHD-61Q)  

最新記事

カテゴリ

風景 (111)
子供 (32)
花 (11)
乗り物 (18)
手記編 (6)
その他 (14)
テクニック編 (21)
ツール編 (21)
お知らせ (7)
未分類 (0)
D300s (3)
お道具箱 (1)
動物 (0)
鳥 (16)
水辺の鳥 (5)
野山の鳥 (1)
鳥アルバム (1)
天体 (4)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。