デジタル一眼レフ 奮闘記

デジイチのチョットしたテクニックや道具類の豆知識と、私が撮った写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洗足池③

 先日の洗足池の続きです。主に「山野」で見られる鳥をご紹介します。
今回の洗足池で出会った「山野」の鳥はみんな初めて出会った鳥たちでした。

シジュウカラ
↑SIGMA 170-500mmF5-6.3 絞り優先 F:11 ISO:1000 露出補正:±0 WB:太陽光 焦点距離:500mm
スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ
すばしっこい上に茂みの中にいたので撮るのに苦労しました(汗)

シジュウカラ2
スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ
せっかくカワイイ鳥なので60%トリミング。

ヒヨドリ
↑SIGMA 170-500mmF5-6.3 マニュアル(F:11 シャッタースピード:1/500秒) 
ISO:1000 露出補正:±0 WB:太陽光 焦点距離:500mm

スズメ目ヒヨドリ科ヒヨドリ
洗足池の真隣にあった柿の木に群がるヒヨドリ

ヒヨドリ2
↑SIGMA 170-500mmF5-6.3 マニュアル(F:11 シャッタースピード:1/500秒) 
ISO:1000 露出補正:±0 WB:太陽光 焦点距離:500mm

スズメ目ヒヨドリ科ヒヨドリ
街中でも意外と見られる鳥です。60%トリミングしました。

ムクドリ
↑SIGMA 170-500mmF5-6.3 マニュアル(F:11 シャッタースピード:1/400秒) 
ISO:1000 露出補正:±0 WB:太陽光 焦点距離:500mm

スズメ目ムクドリ科ムクドリ
この鳥もレア度が低い鳥です。

ムクドリ2
↑SIGMA 170-500mmF5-6.3 マニュアル(F:11 シャッタースピード:1/500秒) 
ISO:1000 露出補正:±0 WB:太陽光 焦点距離:500mm

スズメ目ムクドリ科ムクドリ
大きな群れで空を飛んでいることがあります。60%トリミングしました。



 この洗足池では「水辺の鳥」と「山野の鳥」の両方を撮ることができたので得した気分です。
実際に撮ってみると「水辺の鳥」は300mmレンズでほとんど撮れます。チョット遠くにいても撮って60%トリミングをすれば十分に野鳥撮影を楽しめます。
 しかも、この洗足池は駅から歩いてすぐなので三脚や一脚を持って出かけても苦にならないので、私みたいな野鳥撮影初心者に易しいスポットです。

<ちょいテク>
 ヒヨドリとムクドリでは、空に向かってシャッターを切るため「マニュアル」を使いました。
今回の場合みたいに被写体が小さく、背景の空が明るい場合にはカメラが「明るい被写体」と勘違いしてしまい、鳥がシルエットみたいに真っ暗に写ってしまうことがあります。
 それを防ぐのに有効なのが「マニュアル」なのです。「マニュアルは難しい…」と思うかもしれませんが…
①絞り優先オート+スポット測光で2~3枚試しに鳥を撮影
②明るさがピッタリの当たりが出たら、シャッタースピードを覚えておく
③マニュアルに切り替えて、試し撮りのF値、覚えておいたシャッタースピードに設定
以上の手順で設定すれば被写体の明るさがバラけることが少なくなります。
 もし「シャッター速度が命!」の場合には、①の手順を「シャッター速度優先+ISO感度オート」にして使いたいシャッター速度を固定して試し撮り⇒F値とISO感度を覚えておく…っていう応用もあります。まぁ、マニュアルというよりは「半永久的AEロック」ともいうのでしょうか(汗)
 注意点は「日陰とひなたを行ったり来たりする鳥」や「晴れ時々曇り」みたいに明暗差が生じるときは使えませんのでご了承ください。マニュアルも使ってみると便利ですよ~。






スポンサーサイト
  1. 2011/12/26(月) 18:17:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<O-GPS1 | ホーム | サンタクロース>>

コメント

シジュウカラが綺麗です

こんなに綺麗な鳥なんですね! 山を歩いている時にさまざまな鳥の声を聞くのですが、(これは何と言う鳥?)と思うばかりで‥‥。詳しい撮影の方法が書かれていたので、洗足池に行って鳥を撮ってみたくなりました。
  1. 2011/12/27(火) 11:04:19 |
  2. URL |
  3. 冬のデコポン #-
  4. [ 編集 ]

Re: シジュウカラが綺麗です

冬のデコポンさんこんにちは!

飛んでいる鳥や木の上にいる鳥を撮るのは難しいものです。
しかし洗足池には水辺で休んでいる鳥が多く、山野の鳥も柿の木を見つけて待っていたら簡単に撮れたので「鳥初心者」にちょうど良い撮影スポットです。運が良ければカワセミも見れるかも!?

チョット違うコトをしてみたくなったら、ぜひ洗足池に出かけてみてください。
  1. 2011/12/27(火) 15:32:11 |
  2. URL |
  3. phenix #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phenixtr.blog112.fc2.com/tb.php/261-e75fbdc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

phenix

Author:phenix
<撮影ジャンル>
子供、鉄道、風景、花


<使用愛機>
PENTAX K-5




<所持機器>
PENTAX

smc DA 17-70mmF4 AL[IF] SDM


SIGMA

APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM



SIGMA

10-20mm F3.5 EX DC HSM



SIGMA

APO 170-500mm F5-6.3 ASPHERICAL RF



オリンパスFE-4050(コンデジ)


三脚(NIKON フィールドスコープ用)


三脚(SLIK カーボン 814 EX)

雲台(Velbon PHD-61Q)  

最新記事

カテゴリ

風景 (111)
子供 (32)
花 (11)
乗り物 (18)
手記編 (6)
その他 (14)
テクニック編 (21)
ツール編 (21)
お知らせ (7)
未分類 (0)
D300s (3)
お道具箱 (1)
動物 (0)
鳥 (16)
水辺の鳥 (5)
野山の鳥 (1)
鳥アルバム (1)
天体 (4)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。