デジタル一眼レフ 奮闘記

デジイチのチョットしたテクニックや道具類の豆知識と、私が撮った写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニコンとペンタックス

 最近、NIKON D300sからPENTAX K-5に転身しましたが、K-5を使ってみて色々なことに気付いてきました。

 特に不便に感じるのが…AF性能です。今まで使っていたD300sは動体捕捉に強かった!
ぶっちゃけ、K-5はフォーカスポイント1点で被写体を捕捉するし、実際に被写体を追い切れていないこともしばしば…。時には被写体から「ピント抜け」することも・・・。
 その点D300sは、まわりのフォーカスポイントがフォローして実質9点~51点のフォーカスポイントで被写体を追うので「追い切れない」なんてことは一度もありませんでしたし、ピント抜けもありませんでした。
 しかし!描写はD300sよりK-5のほうがワンランク上です。K-5のシャープな描写はAF性能を忘れさせるくらいの素晴らしさです。さらに「ISO高感度」に関してはK-5のほうが断然上です。また、「仕上り設定」や「アートフィルター」などの遊び心はPENTAX独自ですね。まぁ、D300sはチョット古めのカメラなので映像処理の部分を比べるのは酷かな?

 そもそもNIKONとPENAXを比べている私ですが、NIKONとPENTAXで根本的にカメラの方向性が違うということなんですよね。
 NIKONはAF優先(?)に、PENTAXは描写優先に、ってところですかね。
 もしも、あなたがNIKONとPENTAXで迷ったら「電車やスポーツを撮るならNIKON」、「風景を撮るならPENTAX」だと思います。
 
 色々なメーカーを使ってみると、カメラって色々な違いや素晴らしいところがあるんですね~。そりゃ何台もカメラを持っている人の気持ちが解りますね~。






 
スポンサーサイト
  1. 2011/11/10(木) 09:41:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<車庫 | ホーム | 子供をモノクロームで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phenixtr.blog112.fc2.com/tb.php/237-d04d2c9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

phenix

Author:phenix
<撮影ジャンル>
子供、鉄道、風景、花


<使用愛機>
PENTAX K-5




<所持機器>
PENTAX

smc DA 17-70mmF4 AL[IF] SDM


SIGMA

APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM



SIGMA

10-20mm F3.5 EX DC HSM



SIGMA

APO 170-500mm F5-6.3 ASPHERICAL RF



オリンパスFE-4050(コンデジ)


三脚(NIKON フィールドスコープ用)


三脚(SLIK カーボン 814 EX)

雲台(Velbon PHD-61Q)  

最新記事

カテゴリ

風景 (111)
子供 (32)
花 (11)
乗り物 (18)
手記編 (6)
その他 (14)
テクニック編 (21)
ツール編 (21)
お知らせ (7)
未分類 (0)
D300s (3)
お道具箱 (1)
動物 (0)
鳥 (16)
水辺の鳥 (5)
野山の鳥 (1)
鳥アルバム (1)
天体 (4)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。