デジタル一眼レフ 奮闘記

デジイチのチョットしたテクニックや道具類の豆知識と、私が撮った写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

単焦点レンズの威力

 私はカメラを持ち始めた当初は単焦点レンズってなに?って言う位の素人でした。実際にカメラを買ったときに付いていたキットレンズで十分と思って日々でしたが、ある日会社の同僚から「え?単焦点レンズ持ってないの?買ったほうがイイよ!」と訳の判らないオススメがありました。そのときは「なんだよ!レンズは18-135㎜で問題ないじゃん!」とケンカ口調で言い返しましたが、冷静になって話を聞いてみるとセールスではなくちゃんとした理由があったのです。

<メリット>
○基本的にレンズの構成枚数が少ないので逆光に強く、小型で軽量
○色収差、画像のゆがみ、ひずみを補正しやすい
○F値が小さいため、幅広い絞りの選択による豊かなボケの表現が得られる。また、絞りを開けることで高速なシャッターを切ることもできる
※収差とは色の違いによって光の屈折率が違うため、レンズを介してイメージセンサーに光が届いた際に色や像の大きさ、位置に差が生じることです。しかし現在のレンズ技術であればこの収差を抑える技術が施されているため、見た目で判るほどの収差はほとんどありません。

 私が悩んだのが35mmにするか50㎜にするかでした…そしてもうひとつ困ったのがF値です。35mmのレンズにする場合にはF1.8だけでしたが、50㎜のレンズにはF1.8とF1.4のレンズが2種類ラインナップされており、どれを買うかで困惑しました。『F1.8はコストパフォーマンスが高い。逆にF1.4は値段こそやや高いがプロが認めるレンズが手に入る』結局、値段に対してのパフォーマンスのよさと子供のスナップなど、撮影ジャンルなどで35mmF1.8の単焦点レンズに決定しました。
 もし次に50㎜のレンズが欲しくなったら、明るいF1.4にすると思います。実際に一本十数万円するレンズと同じくらいの描写性能で、それを上回るF値の明るさはお買い得だからです。


     <35mmの特徴>     <50㎜の特徴>   <70㎜、80㎜等マクロの特徴>
遠近感   肉眼に近い      やや望遠気味        中望遠
汎用性     大             中             中
ボケ量      中            大              特大
用途     スナップ        ポートレート          接写

<お値段&備考>
35㎜⇒約3万円~5万円とお手頃な値段のようです。カメラメーカー、レンズメーカーとも30㎜~35mmは必ずといっていいほど販売しているレンズなので純正以外にも目を向けていただきたい。
50㎜⇒やはり50㎜もラインナップが豊富。F1.8なら3万円出せばほとんどのメーカーで買えそうです。
キャノンに限っては新品で1万円のレンズもありました。F1.4になると5万円強からとチョイ高といった感じです。しかしF1.4なら夜間の手持ち撮影が出来るくらいの性能にも注目です。
70㎜、80㎜等マクロ⇒値段的には5万円~6万円強の値段設定が多いようです。F2.8が主流ですが、ボケに関しては被写体に思いっきり寄れるだけあって強力!あとは使い方が限定される所がありますが、通常撮影も十分出来るので買って損な物でもないようです。
※ボケの量は絞り値が小さいほど、被写体に近づくほど、被写体と背景との距離が遠いほど大きくボケます。

DSC_0715x.jpg
↑モード:絞り優先 絞り:F1.8 ISO感度:200 ホワイトバランス:オート 露出補正:-0.3

DSC_0774x.jpg
↑モード:絞り優先 絞り:F9 ISO感度:200 ホワイトバランス:オート 露出補正:-0.7

DSC_0664x.jpg
↑モード:絞り優先 絞り:F1.8 ISO-800 シャッタースピード:1/200秒 その他:9月の夕方6時ごろで薄暗い状況での撮影です。

 過酷な撮影条件でのパフォーマンスの良さ、35mmF1.8でもこのボケ具合!焦点距離35mmだけの領域なら高いズームレンズより上を行く性能です。35mmF1.8は買ってよかったと思っています。次はぜひ50㎜F1.4を買いたい。
 
 ちなみにこの単焦点レンズは一眼レフ入門機でも十分に威力を発揮します。一本十万円のレンズを買うのは躊躇しますが、3万円くらいなら…と思う方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか…

スポンサーサイト
  1. 2010/09/04(土) 14:38:16|
  2. ツール編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<逆光に立ち向かう! | ホーム | 写真にインパクトを!『シャドウ』>>

コメント

おお!一枚目の写真3Dの様だ
描写がすごい・・・
F1.8魅力的ですね
確かキャノンは 50mmF1.8 一万円切ってます。
お店で試し撮りしてみます。

  1. 2010/09/05(日) 02:12:37 |
  2. URL |
  3. ダーダー #-
  4. [ 編集 ]

50mmでも35mmでもF1.8くらいのレンズがあれば便利ですよ!
  1. 2010/09/05(日) 09:31:37 |
  2. URL |
  3. phenix #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phenixtr.blog112.fc2.com/tb.php/23-37d4e5f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

phenix

Author:phenix
<撮影ジャンル>
子供、鉄道、風景、花


<使用愛機>
PENTAX K-5




<所持機器>
PENTAX

smc DA 17-70mmF4 AL[IF] SDM


SIGMA

APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM



SIGMA

10-20mm F3.5 EX DC HSM



SIGMA

APO 170-500mm F5-6.3 ASPHERICAL RF



オリンパスFE-4050(コンデジ)


三脚(NIKON フィールドスコープ用)


三脚(SLIK カーボン 814 EX)

雲台(Velbon PHD-61Q)  

最新記事

カテゴリ

風景 (111)
子供 (32)
花 (11)
乗り物 (18)
手記編 (6)
その他 (14)
テクニック編 (21)
ツール編 (21)
お知らせ (7)
未分類 (0)
D300s (3)
お道具箱 (1)
動物 (0)
鳥 (16)
水辺の鳥 (5)
野山の鳥 (1)
鳥アルバム (1)
天体 (4)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。