デジタル一眼レフ 奮闘記

デジイチのチョットしたテクニックや道具類の豆知識と、私が撮った写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

結婚式で失敗しないために

 そのカップルにとって一生に一度の晴れ姿の結婚式は撮影者にとってプレッシャーがかかるイベントだと思います。そこで失敗しないためにも練習を・・・なんて思いますが練習の機会もないので何かと難しく思いますがコツさえつかめば初心者でも簡単にこなせると思います。

 今までの経験上、チャペル内での結婚式の最中は撮影禁止のところが多く、式場カメラマンの独壇場です。じゃぁ披露宴で頑張ろうなんて思っても、うまくいかないことがありました。なぜなら披露宴会場では室内でとりおこなう場合が多く、薄暗い場合がほとんどです。そのためISO感度オートで撮るとISO感度をカメラが増感(フル開放)してくれずシャッタースピードが遅くなり、被写体がブレることが多々ありました。
 会社の同僚でカメラマンを昔やっていた人がいて、コツを聞いたら「ISO感度を目一杯上げてレンズの絞りをフル解放するんだよ」との事でした。「ISO感度を上げるとノイズがでるじゃないですか?」と聞いたら「あとでノイズを取り除く画像処理ソフトがあるんだよ」とのことでした。まぁ、式場は写真も売り上げの一部だから設備投資をやってるだろうし・・・でも、アマチュアカメラマンにノイズを抑えるソフトは必要かなぁ・・・なんて思っていた次の瞬間「結婚式は景色じゃなくて、花嫁やゲストの人間味を撮るんだからノイズは二の次じゃないの?」と同僚の一言がありました。「式場カメラマンに設備で勝てないんだったら、お前は式場カメラマンが取らない写真を撮ったほうが喜ばれるよ」との格言をいただきました。実際に経験上、ノイズが目立つ写真を新郎新婦に見てもらっても文句を言われたことがありません。逆にそれなりの写真が取れれば感謝してもらえます。
 
 実際の結婚式で私は式場に入ったら全体の風景とひな壇とテーブル回りや人物を一通り試し撮りしてシャッタースピードやISO感度の設定を微調整します。そして披露宴が始まったら設定はあまりかえず、数を撮るようにしています。(下手な鉄砲数打てば当たる作戦)
 余談として、結婚式場専属のカメラマンが撮らないものとして、ウエディングドレスの後方(背中)から撮影した写真、テーブルの初期セットや料理全般、来場者の全体写真(席次)、余興、ウエディングケーキ単体の写真は喜ばれる事が多いです。


<基本設定>
撮影モード:S(シャッター優先オート1/100秒) ※焦点距離135㎜でも手ブレしにくいシャッタースピード
ホワイトバランス:オート
ISO感度:1600 ※会場の暗さによって感度MAXの3200まで増感することもあります。
露出補正:+0.3~+1.0 ※純白のウェディングドレスを明るさの基準にカメラが認識すると、新郎新婦の顔が暗めに写ってしま
                  います。これを防ぐためにもプラス補正がベターです。

その他:高感度ノイズ低減強め 18-135mmF3.5-5.6をメインレンズ(ズームレンズのほうが融通が利くから)、35mmF1.8単焦点はシャッタースピードを稼げない時の保険

 あくまでも上記は条件の悪い会場での設定であってガーデンウェディングや、式場が明るい場合にはISO感度を低くしたり、撮影モードを絞り優先に変えたりします。
 しかしウェディングドレスが白のときは露出補正はプラスにしておく事だけは覚えといてください。
また、撮った写真の色合いや明るさが微妙な場合は写真店で現像すると割高ですが現像時に写真に補正をかけてくれるお店があるので覚えておくと便利です。

~義妹の結婚式にて~
結婚式1
ISO感度:800 撮影モード:シャッター優先1/160 露出補正:+0.7 ホワイトバランス:オート

結婚式1
ISO感度:800 撮影モード:シャッター優先1/160 露出補正:+0.3 ホワイトバランス:オート

結婚式1
ISO感度:800 撮影モード:シャッター優先1/160 露出補正:+0.7 ホワイトバランス:オート

結婚式1
ISO感度:800 撮影モード:絞り優先 露出補正:+0.3 ホワイトバランス:オート

~義弟の結婚式にて~
結婚式2
ISO感度:1600 撮影モード:絞り優先 露出補正±0 ホワイトバランス:オート

結婚式2
ISO感度:1600 撮影モード:絞り優先 露出補正:-0.3 ホワイトバランス:オート

結婚式2
ISO感度:1600 撮影モード:絞り優先 露出補正:+0.3 ホワイトバランス:オート


スポンサーサイト
  1. 2010/08/24(火) 22:34:29|
  2. テクニック編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水族館に行ってみよう! | ホーム | PLフィルターって何?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phenixtr.blog112.fc2.com/tb.php/14-a499b3cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

phenix

Author:phenix
<撮影ジャンル>
子供、鉄道、風景、花


<使用愛機>
PENTAX K-5




<所持機器>
PENTAX

smc DA 17-70mmF4 AL[IF] SDM


SIGMA

APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM



SIGMA

10-20mm F3.5 EX DC HSM



SIGMA

APO 170-500mm F5-6.3 ASPHERICAL RF



オリンパスFE-4050(コンデジ)


三脚(NIKON フィールドスコープ用)


三脚(SLIK カーボン 814 EX)

雲台(Velbon PHD-61Q)  

最新記事

カテゴリ

風景 (111)
子供 (32)
花 (11)
乗り物 (18)
手記編 (6)
その他 (14)
テクニック編 (21)
ツール編 (21)
お知らせ (7)
未分類 (0)
D300s (3)
お道具箱 (1)
動物 (0)
鳥 (16)
水辺の鳥 (5)
野山の鳥 (1)
鳥アルバム (1)
天体 (4)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。