デジタル一眼レフ 奮闘記

デジイチのチョットしたテクニックや道具類の豆知識と、私が撮った写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デジタル一眼レフカメラ、ニコンD80との出会い

 私がデジタル一眼レフを買う前は「カメラなんてどれも一緒でしょ?」なんて思っていました。実際に持っていたカメラは310万画素の携帯電話のカメラに毛が生えた程度の安いデジカメでした。当時はそのカメラで十分なんて思っていたある日、奮発して買ったハイビジョンハンディカムに付いていた写真撮影機能を使用した際に、粗悪なデジカメを使っていた私には「カメラがいいとキレイな写真が撮れるものなのか…」と自分の中で価値観が急変。その日以来今まで持っていた310万画素のデジカメをやめ、ハンディカムの写真機能をよく使うようになりました。

 しかし、撮影のたびに何かストレスを感じ「ハンディカムは所詮、動画を撮るために作られたもの、写真を撮るには不向きな形だからストレスなのかな?」と勝手に解釈し「写真専用のカメラを買えば解決するのかな?」と思い量販店へ下調べに行きました。店頭で最新のデジカメを手にとっては試し撮りをし、パンフレットを見ては再び手にとって試し撮りを繰り返し、いろいろ悩んでみたもののストレスを解決してくれる商品がなくあえなく帰宅…
 しばらく悩みながらもハンディカムで写真を撮り続けていたある日、子供の楽しそうな笑顔を撮ろうとした際にシャッターボタンを押して写真を撮るまでのタイムラグのせいで、子供の笑顔を撮りそびれてしまいました。そこで今までストレスを感じていた原因はカメラの形ではなく基本構造そのものであることに気づきました。
 早速、会社の先輩で一眼レフを持っている人に頼み込んで実際に一眼レフカメラを借りて写真を撮ってみると「これだ!レスポンスが早く、なんて快感なんだろう!しかもキレイ!」すぐに家電量販店に出かけ店頭に並んでいるデジタル一眼レフカメラを片っ端から手に取り試し撮りをしていきました。すると手に馴染むちょうどよい大きさのカメラが2~3種類あり、店員さんのアドバイスで「初級機はすぐに使いこなせてしまい、中級機が欲しくなる人がほとんどですよ。中級機なら色々な設定が細かくできるので色々な写真が撮れますよ」と言われ中級機をその場で買うことに決め、自分の予算に合うカメラが、現在も使い続けているニコンのD80でした。

 もし私の予算がもっとあればもっと違うカメラになっていたかも…

CSC_0293_convert_20100819110428.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/08/16(月) 23:10:03|
  2. 手記編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<年表 | ホーム | 一脚レビュー!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://phenixtr.blog112.fc2.com/tb.php/1-f1ac252a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

phenix

Author:phenix
<撮影ジャンル>
子供、鉄道、風景、花


<使用愛機>
PENTAX K-5




<所持機器>
PENTAX

smc DA 17-70mmF4 AL[IF] SDM


SIGMA

APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM



SIGMA

10-20mm F3.5 EX DC HSM



SIGMA

APO 170-500mm F5-6.3 ASPHERICAL RF



オリンパスFE-4050(コンデジ)


三脚(NIKON フィールドスコープ用)


三脚(SLIK カーボン 814 EX)

雲台(Velbon PHD-61Q)  

最新記事

カテゴリ

風景 (111)
子供 (32)
花 (11)
乗り物 (18)
手記編 (6)
その他 (14)
テクニック編 (21)
ツール編 (21)
お知らせ (7)
未分類 (0)
D300s (3)
お道具箱 (1)
動物 (0)
鳥 (16)
水辺の鳥 (5)
野山の鳥 (1)
鳥アルバム (1)
天体 (4)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。